胆沢川でラフティング

こんにちは、ささき歯科医院 歯科医師の佐々木俊です。

当院のスタッフに「歯が好きなのは分かりますけど、たまには違う内容のブログを書いてみてはどうですか??」と言われたので、麻美先生とラフティングしてきたことを書きます(゜_゜>)

最後まで歯の話はしないように気をつけます。


ラフティングってご存じですか?

ゴムボートに乗って急流を下るレジャーです。


この日は奥州市の最高気温は35℃…川遊びには絶好の日和でした。

集合場所は、奥州湖交流館です。(ひめかゆスキー場のすぐ奥にあります)

用意されたウエットスーツに着替え、すぐ近くの胆沢川に移動します。


ライフジャケットが緩いと川に落ちたときに危険なので、きちっと締めたあと、川に入って体を慣らすのですが、水が冷たくて最高に気持ちいい…

ウエットスーツの中は汗だくでしたが、暑さは一瞬で吹き飛びました。

山あいの川で仰向けにぷかぷか漂っているだけで、非日常感がすごいんですよね


ボートで川に出る前に、ガイドさんから「ボートの漕ぎ方」「川に落ちてしまったときの対応」などのレクチャーを受けます。


そしていよいよボートで出陣!!!から3分後の状態です↓↓


いきなり流れ激しくないですか?????????(゜o゜)


さっきボートの漕ぎ方教わったばかりの超初心者なのに、大丈夫ですかこれ???って展開で、最高でした。(川には落ちないですみました、もし落ちてもガイドさんがすぐレスキューしてくれます)


その後は、ボートでの川下りだけでなく、一度ボートを降りて川に飛び込んだり、存分に遊ばせてもらいました。

            (川にダイブする麻美先生)


ガイドさんたちも親切で盛り上げ上手ですし、遊んでいる最中の写真もたくさん撮ってくれます。後で写真のデータもいただけるので、とてもいい思い出になりました(.. )

なんだか宣伝みたいになってしまいましたが、これから夏本番に向けて川遊びしたい人にはぜひおすすめです!


▷対象:小学4年生以上

▷所要時間:着替え含めて1時間半~2時間

▷料金:ミディアムコース 4000円/人(ロングコースもあるようです)


※コンタクトレンズの人は、川に飛び込んだ時に外れることがあるので、念のため替えのレンズやメガネがあると、帰りの運転も安心です(^^)



さてさて、今日から8月ですね。

子どもたちも夏休みに入り、こんなご時世なので家にいる時間も普段より長くなりますよね…

だらだら長時間ジュースを飲んだり、おやつを食べることで、たとえ歯みがきがじょうずでも、むし歯のリスクは急上昇します。


我々大人と違い、子どもの生えたての永久歯はとても未熟で、むし歯の進行も非常に速いです。長期休みのときは、特に注意しましょう(・_・;)


また、夏休みに入ってからお子さんのメインテナンスの受診が増えています。

この機会にしっかりむし歯のチェックやフッ素塗布を行って、健康な歯で新学期を迎えられるお子さんが増えればいいなと思っています。


最後に歯の話をしてしまいました、ここまで読んでいただいてありがとうございますm(__)m

閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示