top of page

高濃度フッ化物歯みがき粉が増えました

ミントの辛さが苦手な方のために、高濃度フッ化物配合の歯みがき粉のバリエーションにマンゴー味を追加しました!


これまで何度か書いてきた通り、効果的なむし歯予防には

①甘い物の制限

②フッ化物応用

が非常に大切です。

②フッ化物応用とは、

・フッ化物(フッ素)配合の歯磨剤を日常的に使用すること

・フッ化物洗口

・歯科医院でのフッ化物塗布


などが当てはまります。

フッ化物(フッ素)の安全性については、こちら


このうち、6才以上では高濃度(1450ppm)のフッ化物配合歯磨剤の使用が学会からも推奨されているのですが、ミントの辛味があるものが多いことが、しばしば臨床でハードルになることがあります( ;∀;)

小中学生では、この辛味が苦手な子も多いのですが、永久歯のむし歯予防に最も気を付けたい年齢でもあります。


ようやく「1450ppmの高濃度で、かつ辛味がほとんどない」歯みがき粉を見つけたので、当院の物販コーナーのラインナップに追加しました(^^)/


試しに使ってみましたが、辛さはほとんど感じなかったので、あの辛味が苦手な方でも使えると思います。泡立たないジェルタイプです。

ぜひ試してみてくださいね~(希望の方は味見もできます)


※フッ素濃度1450ppmの歯みがき粉の対象年齢は、6才以上ですのでご注意ください。


(奥州市水沢 ささき歯科医院 歯科医師 佐々木俊)








閲覧数:67回0件のコメント

Comments


bottom of page