歯みがきの後のうがいは1回?

こんにちは、ささき歯科医院 歯科医師の佐々木俊です。


歯みがきの後は、うがいは最小限にするといいですよ~というお話です。


これまでのブログで、むし歯の予防には、

・食習慣(砂糖)のコントロール

・フッ素入りの歯みがき粉を正しく使う

ことが、何よりも効果的ですよということを書いてきました。



実は現在では、「フッ素入りの歯みがき粉を使用しない歯みがき」はむし歯を予防する科学的な根拠に乏しい と結論づけられています。


この「歯みがき粉を正しく使う」というのはどういうことなのか、説明しますね。まずこの画像を見てください。




これは、日本ヘルスケア歯科学会が使用を推奨している、患者さん


がどれくらいむし歯になりやすそうか?を評価するチェック表です。


これを見ると、

①歯みがき粉を使う頻度

②歯みがき粉を出す量

③歯みがき後のうがいの回数

これらは、むし歯のリスクを左右する大事な要素であることが分かりますね👀



ということで、フッ素のむし歯予防の効果を高めるためには、

歯みがき粉の使用は「1日2回以上」、「適切な量」で「うがいは最小限に」することが大切です。


歯みがき粉に入っているフッ素の量は、たとえ歯みがきに使う1回分をそのまま飲み込んでしまったとしても、人体に影響がない量に調整されていますので、安心して使ってくださいね(゜_゜>)


※ただし、「高濃度フッ化物配合」などの表記のある歯みがき粉は、現在のところ対象年齢が6才以上となっているのでご注意ください。


それよりも小さなお子さんは、適正なフッ素濃度の歯みがき粉の使用をお願いします。

また、小さなお子さんの場合、歯みがき粉の適切な量は年齢により異なりますので、以下の画像を参考にしてみてくださいね。

(ライオン株式会社ホームページより引用)





閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示