top of page

学校保健指導のために動画を撮りました

真夏の暑さもあともう少しと言ったところでしょうか。

先日一番暑い時期に海沿いでキャンプをしたら、夜になってもすごーく暑かったので、「真夏にキャンプするなら涼しいところでやろうね…」と言いながら帰ってきました( 一一)

岩洞湖の湖畔や室根山あたりなら、夏でも涼しそうですね。


さて、先月のお話になりますが、学校歯科医をしている水沢小学校の四年生に向けて、歯科保健指導の動画を撮影する機会がありました。

水小の養護教諭の先生からお話をいただき、「四年生が歯みがきで気をつけるべきポイント」を中心にお話しました(^^)/

カメラに向かって話すのは得意ではないのですが…先生方の巧みなアシストのおかげで、どうにか撮影できました、ありがとうございました。

むし歯予防を小学生に伝える様子



後日、その動画を使った歯科保健の授業が行われ、子どもたちの感想を一部見せていただいたのですが、

「親に言われたからではなく、自分の健康のために自分から歯を磨こうと思います」という感想があり、とても嬉しかったです( ;∀;)


小学四年生は、乳歯と永久歯の生え変わりが次々起きる時期なので、動画でお話ししたような歯ブラシの使い方や、当てる場所などを学ぶことはとても大事なことです。

水沢小学校の歯みがき指導

でも私が歯科医師として一番子供たちにお伝えしたいのは、「自分の歯は自分で守る、そのために正しい知識をもつ」ことです。特にむし歯予防については、歯が未成熟でむし歯が進行しやすい小学生のときに、正しい知識を身につけることがとても大切です。

そのことが一人でも多くのお子さんに伝わるように、学校保健指導に携わりたいと思っています。

養護教諭の先生方も撮影後に日数がない中、動画編集や授業の準備にと、とても大変だったと思います。金野先生、菊地先生、どうもありがとうございましたm(__)m


(奥州市水沢 ささき歯科医院 歯科医師 佐々木俊)

閲覧数:156回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page