タイマグラキャンプ場に行ってきました

こんにちは、ささき歯科医院 歯科医師の佐々木俊です。


昨年岩手に帰ってきて以来、これまで望洋平キャンプ場・夏油高原キャンプ場・岩手山焼走りキャンプ場・雫石あねっこキャンプ場に行ったのですが、真夏は川の近くでキャンプしたいですよね???(゜o゜)


というわけで、お盆休みにタイマグラキャンプ場に行ってきました!

(アウトドアブログに鞍替えしたわけではありません、次回は歯の話をします)


▷ タイマグラキャンプ場(宮古市)

早池峰山の南麓エリアは「タイマグラ」と呼ばれ、アイヌ語で「森の奥へ続く道」のような意味だそうです。秘境感がありますね。

水沢からはおよそ90km、車で2時間ほどで到着します。

青のルートがおすすめです、左のグレーのルートより山道を走る時間が短いです。


周囲にはスーパーやコンビニはないため、買い忘れに気をつけましょう。

今回は有名な遠野食肉センターでラム肉を買い、キャンプ場で焼いて食べるナイスな計画を立てました。


と思ったら、遠野食肉センターはジンギスカンを食べに来た人で開店前から行列(゜o゜)

レストラン隣に精肉売り場があるのですが、そちらも順番待ち…!

コロナ対策のため、入り口で整理券を発行し、車の中で順番を待ちました。(LINEで通知が来るので便利です、20分くらい待ってラム肉とソーセージを買いました)


そこから車でおよそ1時間、山の中の道を走ってキャンプ場に到着です。




早池峰山荘で受付をして(一泊520円、安すぎる…)、場内に車を乗り入れて設営できるので、荷物が多くても楽ちんです。予約は不要です。

このキャンプ場は電波は入りませんが、山荘と管理棟にはWi-Fiがあるので、必要なときはそちらで通信ができます。近くにお風呂はありませんが、山荘のシャワーが300円で使えます。山荘ではビール、薪、カップラーメンなどが売ってます。(人懐っこいネコもいます)


あと、オリジナルのステッカーやTシャツが売ってまして、気がついたらステッカーを買ってました…どこに貼ろう…

(なんとなく既視感のある、いけてるステッカー)

 

あいにく前日までの台風で川が増水していたので、川で遊んだりはしませんでしたが、渓流釣りをする人を眺めたり、対岸に鹿が出てきたりするのを眺めてました👀一応持ってきた歯科の専門書は、10分読んで早々にしまいました。


(イワナが釣れるらしい)



夜は肉!帆立!野菜!お酒!焚き火!カップラーメン!などをやって早めに就寝です。

ちなみにどんなにお酒を飲んでも、寝る前の歯みがきを忘れることはありません。そこは歯科医師なので(゜_゜>)

(遠野で買ったラム肉は、柔らかくて臭みもなく美味しかったです)


夜の雰囲気はこんな感じです。あいにく雲が出てましたが、晴れてると星がきれいだろうと思います。



川の近くキャンプあるあるだと思うんですが、川の音でなかなか寝付けないこと、ありますよね?(・_・;)

そんなときはティッシュを半分にちぎり、くるくる巻いて耳に詰めるとだいぶ静かになるので、どうしてもというときはお試しください。ちょこっとだけ濡らすとまとまりやすいです。


この方法で自分は夜中に3回、目が覚めるだけですみました。


翌日は朝から晴れていて、撤収までどうにか天気が持ちこたえてくれました(^^)

(晴れているうちに、さっさとテントやシートを乾かす図)


トイレなどもきれいに整備されていますし、大自然を満喫できるいい感じのキャンプ場でした。(あえて言えば熊が割と出るらしいです、山奥ですしね)


また行きたいです!!!





閲覧数:229回0件のコメント

最新記事

すべて表示